京都の桜&観光情報

お問い合わせ

ブログ

京都の桜&観光情報2021 ①

2021/03/28

みなさん、こんにちは。

いよいよ京都は1年で最も華やかな季節を迎えています。

早くもお花見に京都を訪れた方も、これから訪れようという方もいらっしゃることと思いますが、

今日は、まだまだこれから楽しめる京都のお花見&観光情報をお届けしたいと思います。

 

まずは、ホテルバニスター京都から徒歩5分。

五重塔や仏像を目当てに訪れる方も多い「東寺(教王護国寺)」の情報から。

現在、当時の境内中でソメイヨシノが見頃を迎え、

また、近年新たに植樹され「不二桜」と名付けられた八重紅しだれ桜も、見事に見頃を迎えています。

ここは、五重塔と桜が並び、

なんとも優雅で風情ある京都らしい春をお楽しみいただける、華やかな桜スポットです。

今年も夜桜のライトアップイベントがスタートしていますよ♪

昼間に見る桜とはまた違った景色をお楽しみいただけて、オススメです。

(https://ja.kyoto.travel/event/single.php?event_id=4082)

 

特別公開

夜桜ライトアップ 金堂・講堂夜間特別拝観【東寺】

2021年3月19日(金)~2021年4月18日(日)

さて続いては、

太閤秀吉が催した「醍醐の花見」があまりにも有名な「醍醐寺」。

市内でもいち早くお花見ができるお寺で、霊宝館前では、それはそれは見事なしだれ桜が見られます。

現在このしだれ桜は満開。その他、霊宝館前の参道のソメイヨシノも見頃を迎え、

この時期、これらの桜を一目見ようと訪れる観光客の方たちでとても賑やかです。

三宝院前のしだれ桜の花姿も見事。

散る桜の花びらまでも美しく、迫力ある姿が見頃を迎えており、

秀吉が愛でた桜たちを、贅沢な気持ちで楽しめる桜の名所です。

さて、次は少し西の方へ。

京都と言えば、嵐山・渡月橋を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

古くから桜の名所として、王朝貴族にも愛されてきた景勝地嵐山。

川沿いに桜並木がつづき、渡月橋越しに嵐山を望む景色は、絵はがきにもなりそうな雰囲気です。

中の島の桜も美しく、晴れやかな空の下に咲きこぼれるような花姿を心ゆくまで楽しむことができますよ。

大堰川沿いのソメイヨシノや、中の島公園のしだれ桜の開花が進み、これから見頃を迎えます♪

続いて、天龍寺をご案内しましょう。

天龍寺は、足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建立したお寺です。

桜色に包まれる境内で、もっとも目を引くのは後醍醐天皇をまつる多宝殿まわりのしだれ桜。

建物の前で花糸を垂れる花姿は、うっとりするほどです。

境内の西にある望京の丘からは、桜と堂宇を眺めることができます。

そんな天龍寺では、多宝殿前のしだれ桜が満開を迎えています。

また、百花苑のしだれ桜も順調に開花が進み、間も無く見頃を迎えそうです。

ここまでまず「京都の桜&観光情報2021 ①」をお届けしました。

少し長くなってきたので、

京都の桜&観光情報2021 ②は、あらためてお届けしますね。

 

今週末も京都中で桜が満開を迎えそう。

皆さん、マスクの着用や手指のアルコール消毒など、感染拡大防止対策を行いながら、

桜を楽しんでください!

 

 

 

 

※写真は「そうだ 京都、行こう」サイトよりお借りしました。